政策・理念

新地球エネルギー開発と循環型環境社会の実現

 

現在及び構成の国民生活に責任の持てるエネルギー戦略を確立し、循環型環境社会を実現します

ネルギー戦略の確立

いかなる事態・状況においても社会・経済活動に支障がないよう、エネルギー需給の安定に万全を期します。

すべてのエネルギーの可能性を徹底的に掘り起こし、社会・経済活動を維持するための電力を確実に確保すると共に、原子力に依存しなくてもよい経済・社会構造の確立を目指します。

当面の最優先課題として、3年間、再生可能エネルギーの最大限の導入、省エネの最大限の推進を図ります。

原子力の安全性に関しては「安全第一」の原則のもと、独立した規制委員会による専門的判断をいかなる事情よりも優先します。原発の再稼働の可否については、順次判断し、全ての原発について3年以内の結論を目指します。安全性については、原子力規制委員会の専門的判断に委ねます。

中長期的エネルギー政策として、将来の国民生活に責任の持てるエネルギー戦略の確立に向け、判断の先送りは避けつつお、遅くとも10年以内には将来にわたって持続可能な「電源構成のベストミックス」を確立します。その判断にあたっては、原子力規制委員会が安全だと判断する新たな技術的対応が可能か否かを見極めることを基本にします。

源・環境

「資源確保の推進に関する法律」を制定し、従来の化石燃料に加えて、メタンハイドレート・レアアースドロなども含む海洋資源開発への集中投資(ヒト・モノ・カネ)や都市鉱山の活用などによりエネルギーの供給体制強化及び「資源小国から資源大国へ」の転換を図ります。

世界有数の日本の環境技術を駆使し、CO2削減や緑の創出、生物多様性保全、大気・水・土壌の環境対策を推進します。

  • 経済の再生
  • 自立的な外交の推進
  • 災害に強い国土強靭化
  • 健康な社会づくり
  • 新地球エネルギー開発と循環型環境社会の実現
  • 自民党|Lib Dems
  • 参議院

PAGE TOP